2019年9月9日月曜日

九月

暑い暑いと言っているうちに
いつのまにか九月になりました。

スーパーの店頭にはハロウィンの装飾が出ていたり
はやくもおせちの予約の広告もちらほら見かけ、
月日の立つ早さにびっくりしている今日この頃です。

今年も残すところ4ヶ月!頑張りましょう。

ところで体のメンテナンスはされていますか?
ついつい女性は自分の身体のことは二の次になりがちです。
年末に向けてラストスパートする前に
ちょっと婦人科でチェックしませんか?

子宮ガン検診、
超音波エコーで卵巣の状態や子宮筋腫がないかのチェック、
その他生理不順や不正出血はありませんか?

なかなか行きづらい科ではありますが
予約は要りませんので是非お越しください。


2019年8月22日木曜日

残暑

お盆も終わり、朝晩は少しだけ涼しくなった様に感じます。
でもまだまだ残暑が続きます。
夏の疲れが出てくる頃でもありますので
体調管理にはお気をつけください。

婦人科はなかなか行きづらい科ですが
相談してよかった、と口々に言われて帰る方が多いです。

気になることがありましたら相談してみてください。
きっと今より快適な生活が送れるヒントや
切り替えができると思います。


2019年8月2日金曜日

おしゃべりサロン8月

毎日暑い日が続いていますね。
昨日は、お久しぶりのおしゃべりサロンでした。

3ヶ月〜5ヶ月のママと赤ちゃんが来てくれましたよ。

「育児は頭で考えていたより大変だった〜」
「一人目は楽だったけど今回の子は手がかかった」
「ご主人の帰りが早くなった〜」
「3ヶ月たってようやく赤ちゃんを可愛いと思えるようになった」
などなど本音トークが聞けました。

新しい家族を迎えての生活。
この3ヶ月
泣いてばかりで何を伝えたいのかわからなくて、
もどかしくイライラすることもあったでしょう。
夜中の授乳も大変、やらなきゃいけないお家のこともたくさんあるのに・・・
それもできない、外に出たくても自由がきかない。
育児は頭で考えていたような生活とはかけはなれているものかもしれませんね。

「育児めっちゃ舐めてました〜」

まさにその通りですよね。
わかります!みんな通る道です。
あなただけじゃない。
みんな一緒です。

日々成長していく赤ちゃん。
この時期はもう戻ってこないと思うとちょっとさみしいですよね。
そう思えるってすごく大事だと思います。
一日一日を大切にかわいいお子さんとの時間を楽しんでくださいね。
今日はママたちの笑顔に触れて元気をもらえました。
ありがとうございました。



2019年8月1日木曜日

ベビーマッサージ教室


先日のベビマクラスのママと赤ちゃん。

このクラスを始めた6年前の一期生のママや、
上のお子様でも参加されたママ、そして始めての子育てママ。
2人目でも、1からの子育ての不安はつきものです。

皆んな同じ気持ち。
そんなお話などシェア出来るクラスでした。

新しい命が宿り、お腹の中で成長し、やがてこの世に誕生する。

一つだったものが二つへ。

自分のペースで寝たり起きたり泣いたり笑ったり。

その要求に応えようとママ達は毎日必死!!
 あたふたしながらも懸命に過ごす日々の中で
守るべき大きな存在が増えた事に気付き、自分の事は二の次。
自然と自我が弱まっていくのでしょうね。

赤ちゃんとの生活は様々なハプニングがあり、
教科書やインターネットで調べても答えがない時なんて沢山あります。

赤ちゃんは十人十色。
それぞれの色とりどりの輝きを受け止めて、
ゆっくりのんびり焦らず毎日を楽しんで下さいね。

子育ては世界で一番大切な仕事です!
これからも、応援してます。


2019年7月25日木曜日

長かった梅雨

ジメジメの梅雨も終わり、いよいよ夏本番がやってきました。
皆さま体調は崩していませんか?

さて梅雨明けもさることながら
ちまたではオリンピックまで一年を切り
徐々に準備が広がってきていますね。

四年に一度のオリンピックが2020年東京に決まった時は
まだまだ先の話だと思っていましたが、あっという間にやってきます。

都内では道路や電車の混雑などを想定したシュミレーションが行われたり
開催国としての諸々の準備が進められていく事でしょう。

それまで元気で居なくちゃと思いを新たにしています。

さて暑い夏でも女性の冷えは
冬と同じように持っている人が結構いらっしゃいます。

何かお困りのことがありましたらいらしてください。
女性の健康一般として診察もしております。
漢方などで改善することもありますので遠慮なくお越しください。


2019年7月1日月曜日

クラミジア感染をご存知ですか


近年、若い女性に多発しているこの病気。
どこかで聞いたことあるのではないでしょうか?

いわゆる性病の一つで、いくつかある性感染症の中で最も多い病気です。
症状としては、一般的には下腹痛、おりものがおかしい、などですが
とかく自覚症状があまり感じにくい場合が多いため
発見が遅れてしまうこともあります。

この病気を放っておくと、
女性の場合は不妊の原因になったり、
骨盤内の感染を引き起こす原因になったりする場合もあります。

国立感染症研究所の調査によれば
圧倒的に20代の感染が多くなってきているのが特徴です。

原因はご存知の通り性交渉によって感染しますので
必ずコンドームを着用することが大切です。

また、パートナーの感染がわかったら
お互いに治療をしないと「ピンポン感染」といって
行ったり来たりの繰り返しになりますのでご注意ください。

治療は、抗生物質の薬を飲むことで治りますが
まずは自分の身体を守ることが先決です。
感染しないように自分の身を守る手段を改めて考えて行動して欲しいと思います。

当院でも若い方を中心に積極的に検査を行うことが多いです。
気になる症状などありましたら、簡単に検査できますのでご相談ください。



2019年6月13日木曜日

出逢い ♡ 縁

広いようで狭いこの世の中
いろんな出会いがありますよね。

本日、赤ちゃんを連れて予防接種に来てくれたのは、
セミオープンを利用し、当院に32週まで健診にきてくれていた方二人でした。

その人たちの関係はというと、
さかのぼること、かれこれ四年前・・・
当院がまだお産をやっていた頃
たまたま1日違いで出産して
授乳室でお友達になった仲だそうです。

それから四年後、
同じ施設でしかも同じく1日違いで出産したとの事でした。

お互い、妊娠していることも知らず出産してばったり産院で遭遇!
四年後の再会にお互いびっくりしたそうです。
こんな縁もあるのですね~

赤ちゃんは男の子と女の子でした。
将来、もしかしたらどこかで出会って恋人同士になるかもしれませんね♡ʾʾ
な〜んて勝手に妄想してしまいました。
ドラマの見過ぎですね。

神様のイタズラで一日違いで学年が1つ変わってしまいましたが、
赤ちゃんたちがこれから歩んでいく令和の時代が
ステキな時代であることを願っています。